包丁の切れ味とハサミの切れ味を復活させる方法

切れにくくなった包丁を研ぐのって難しくて手間がかかるのでなかなか気が進まないことが多いかと思います。そんな包丁も簡単に切れるようになります!

まず包丁を綺麗に洗います

包丁の刃先をキッチンペーパーで包みます

食器用洗剤をキッチンペーパーに染み込ませます

そのまま30分放置

よく包丁を洗う

ふきあげる時に新聞紙を使ってふきあげる

これで包丁の切れ味が復活します!

これで切れ味が悪い!そんなときはアルミホイル!

アルミホイルを2つに折ってそれを切ることで包丁のとぎ味もまぁまぁよくなります!

はさみも同じ。
よく、切れ味の悪くなったハサミの切れ味を復活させる方法は、アルミホイルを切ることだと言われます。これはかなりの人が知ってるもはや常識の知恵なのですが、その原理が意外だったので紹介します。私は今まで、アルミホイルを切ることでハサミの刃が砥がれて鋭くなってよく切れるようになると思っていたのですが、実際は切るときに発生した摩擦熱でアルミホイルが溶けてハサミの刃こぼれした部分に張り付いて埋めてくれるのでよく切れるようになるそうです。もちろんミクロン単位のことですが。

それなので、アルミホイルを1枚ずつ何回も何回も切るよりも、アルミホイルを重ねて固まり状にしたものをよいしょっと切るほうが効果が高いそうです。
着物買取で札幌市の業者ならこちら

タグ , , , ,